2007年10月20日土曜日

「台湾の声」【台湾語】メイデイ(五月天)来日コンサートに思う

Date:Sat, 20 Oct 2007 21:27:07 +0900
Subject:「台湾の声」【台湾語】メイデイ(五月天)来日コンサートに思う
 
【台湾語】メイデイ(五月天)来日コンサートに思う
 
              日本台湾語推進協会
              KIBUN
 
先日10/7、靖國で台灣入聯の街宣後、五月天のコンサートに
行ってきました。
 
内容はLove&Peaceを訴えるような世界で可も無く不可
もなくという感じでした。
 
十数曲中5曲がホーロー語の歌で、全部、台湾語で歌って欲しい
という思いからすると、不満がないわけではないですが、しょう
がないかなとも思います。
 
在日台湾人のファンも多く参加していたようで、やはり女性が
圧倒的でした。誰か青天白日旗を振っている子もいました...
台湾旗の普及が必要だと思いました。
 
また、知っている歌は台湾語、中国語ともにたくさんあったので、
参加してよかったと思います。
 
しかし、ボーカル阿信の言葉の中で、非常に気になることがセリ
フがありました。
 
それは、3曲目のホーロー語を歌うときに、わざわざ、「台語の
歌を歌う」と言ったことです。
 
これは、どういう気持ちからこういうセリフになったのか分りま
せんが、遠慮がちに言っていた雰囲気だったと思います。
 
もしこれが香港人のコンサートだったら、わざわざ広東語の歌を
歌うと断りを入れるでしょうか?
 
台湾主権記念会でも台湾語が普通に歌われていますよね。
 
台湾語が中国語にくらべて、言語、歌ともに日本で流通していえ
るとは決して言えませんが、それは、中国語にくらべた時は広東
語も同じだと思います。
 
日本で台湾人が何の遠慮も無く台湾語で歌う。そのような雰囲気
作りを協会で運動していきたいと思いました。
 
主催者や招聘者を通して、協会から五月天宛に、何の遠慮も要ら
ないと、そして、台湾語を日本で広めるんだとの気概を持ってい
ただきたいというメッセージを伝えるようなこともやって行きた
いと思いました。